本文へ移動

採用サイト〜函館酸素ってどんな会社

先人たちが築いた道を、『未来へ』

 目には見えないけれど実は人間の生存に欠かせない「酸素」。私たちは「函館酸素」という社名の通り、ガス関連事業を通じて函館市民の暮らしや産業、医療に欠かせない重要な役割を担っている会社です。

昭和13年、造船業のための「溶接用圧縮酸素」製造販売会社として設立

当社として初めての装置です。ドイツ ハイランド社製毎時30m3の酸素分離器と空気圧縮機
  
当社の設立は第二次世界大戦の直前です。情勢の変化の中で、函館船渠(現在の函館どつく)に対し、鋼材の溶接溶断に使う圧縮酸素を安定供給するための専属工場として設立されました。
その後、北洋漁業の拡大、地域産業の発展とともに酸素の需要は増え続け、昭和35年に室蘭支社、昭和40年には函館どつく構内に工場を開設しました。

多様化するガスニーズに応えて発展

 昭和48年のオイルショックは、当社にとって新たな一歩へのきっかけでした。昭和49年から50年にかけて、毎時500㎥酸窒素製造装置を備えた新本社工場を新設。これにより、液化酸素・液化窒素の製造販売を開始しました。さらに、平成3年に炭酸ガス充填所、平成8年にはアルゴンガス充填所を新設。医療や半導体製造、食品保存、野菜促成栽培など多様化するガスニーズに対応していきました。
 オイルショックの後は長い造船不況が続くなど困難な時代もありましたが、その都度、積極的な事業展開と、同時に、合理化の取組みの両方に取り組んで会社を維持発展させました。
 現在、当社は函館港に面する函館市浅野町に本社・工場、札幌と室蘭に営業所、苫小牧に出張所を開設。ガスの生産から流通、そして医療や産業商品の販売、ガス関連等の工事、アフターサービスまで、一貫したサービスを提供しています。

大陽日酸グループ

 昭和63年、日本酸素(現在の大陽日酸)グループ傘下に加わりました。
 大陽日酸は産業ガスの分野で国内首位のシェアを持ち、当社はその拠点ネットワーク、技術、情報などを活用することができます。
 このように、当社には約80年にわたって先輩社員たちがこつこつと築いてきた道があります。
 お客様や協力会社とのお付き合いも長いため、強い信頼関係があり、仕事をしやすいのが特徴です。
 今後は新規事業の計画もあり、さらに未来に向けての発展を目指しています。
 
函館酸素株式会社
0138-42-2411
函館酸素株式会社
〒040-0076
北海道函館市浅野町1番3号
TEL.0138-42-2411
FAX.0138-42-4888

■高圧ガスの製造・販売
■溶断機器・溶接材料
■作業工具・保安用品
■医療機器・在宅サービス
■設備工事
 
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る