本文へ移動

ガス談話室

酸素を使うと燃焼がこんなに変わる(その3)効率的なスクラップ溶融
2008-08-01
スクラップ鋼は通常電気炉を用いて新しい鋼材に作り変えます。 鋼材を効率よく溶融するために、酸素が登場します。
前回、前々回ご説明した「高速燃焼」によりできる火炎を利用します。
通常は、中央の電極でスクラップ鋼を溶かしますが、流れる電流の偏りによって、溶け残りができます。
 
ここで登場するのが酸素。 偏りの生じるあたりをねらって、高速燃焼火炎で加熱します。
使われているバーナーは「SCOPE-JET」。 大陽日酸の商品名です。
 
SCOPE-JET使用例(A重油)
(空の状態で火炎のみを撮影)
 
 
SCOPE-JET使用例(天然ガス)
超音速で噴き出す酸素の周囲に天然ガスを供給して燃焼させています。
 
 
 
 この酸素燃焼により、消費電力の節減、溶融時間の短縮、湯温上昇などが得られます。 下表は実験値の一例。湯温とは、溶融した鋼の温度のことです。
  電 力 溶解時間 溶湯温度
kwh/ton min
従 来 法 430 74.0 1580
SCOPE-JET法 400 70.0 1610
 
函館酸素株式会社
0138-42-2411
函館酸素株式会社
〒040-0076
北海道函館市浅野町1番3号
TEL.0138-42-2411
FAX.0138-42-4888

■高圧ガスの製造・販売
■溶断機器・溶接材料
■作業工具・保安用品
■医療機器・在宅サービス
■設備工事
 
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る